前へ
次へ

賃貸管理で最終的な入居審査は誰がするか

賃貸管理で結構大事な業務として入居審査があります。利用を申し込んだ人が審査のための書類や情報を提供してくれるので、それをもとに信用できる人かどうかをチェックします。この審査を誤ると将来賃料を滞納しかねない人を採用する可能性も出てきます。賃貸管理を業者に委託するときには審査業務も委託できるケースがあります。サブリースであれば一括借り上げになるので、大家が実際に審査業務を行うことはありません。通常の契約であれば大家が直接契約をするので、入居審査の最終的な判断は大家が行います。と言っても単に希望者が提出してきた書類を見るだけではなく、不動産会社の見解なども考慮しながら行うことができます。今の仕事や資産、その他保証人の状況などを考えてリスクが多いのか少ないのかを示してくれています。不動産会社の見解を重視して決めてもよいですし、自分なりに入居者の審査を行うことができるのであればそれをもとに申し込みを受理しても構いません。

Page Top